個人情報保護基本方針

トリオシステムプランズ株式会社
代表取締役社長 木下道臣

トリオシステムプランズ株式会社(以下、「弊社」という。)は、弊社が提供する情報サービスの最終到達点は人であり、人にやさしい、あたたかい情報サービスの提供を基本理念として、知恵と技術を核とし、ハードウェア、ソフトウェア、それに人間味というヒューマンウェアの3つを有機的、効率的に結合させることで、豊かな高度情報社会の創造に貢献する企業であることを希求しています。
弊社が、人に最適な情報サービスの提供を目指すためには、高度で複雑化した情報技術インフラの上で、情報サービス提供のため個人情報の適正な利用を図りつつ、絶えず個人情報の安全性を確保することが、弊社の社会的責務であることを十分に認識しております。人(本人)の権利の保護を最優先に、個人情報に関する社会規範を遵守することを基本として、個人情報に対し、より最適な情報セキュリティ対策を行うことにより、お客様の信頼を確立し、安心して使って頂ける情報サービスを提供いたします。

弊社は、このための具体的取り組みとして、以下に示す個人情報保護の基本方針の達成を柱とした、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、役員及び全従業員へその浸透を図って、維持・推進に全社を挙げて取り組んでまいることをここに宣言いたします。

個人情報の取扱いに関する法令、個人情報保護マネジメントシステムへの要求事項に関するJIS規格(JISQ15001)ほか国が定める指針やその他所在自治体や業界団体のガイドラインなど関連の規範を遵守します。

弊社の事業に供する個人情報の取扱い状況を十分に把握・認識し、お取引先との契約内容や要請事項等を吟味したうえで、弊社の取りうる最善かつ適切な個人情報の取扱い規範を確立してこれを社内規程に定め、個人情報の取得、利用及び提供などの取扱いにおいて、この社内規程を遵守します。

個々の個人情報に特定された利用目的の範囲を超えて、利用又は外部への提供を行わないことを社内規程に定め、個人情報の利用時の手続きを明確にして目的外の利用を抑止するとともに、アクセス権限の管理徹底などにより事故の発生を予防します。

個人情報の漏えい、滅失又はき損について、そのリスクを認識し分析して、個人情報の重要性に応じた適切な措置を講じるため、予防ならびに是正の対策を策定します。また、これらの処置を社内規程に反映することで、対策を講じることを明示して具体化します。

個人情報に関する本人の権利を十分に尊重し、苦情および相談や、個人情報の開示・訂正・利用拒否等の請求に対し、対応窓口を設置・公開して、迅速・円滑かつ安全に対応します。

前各項の実現を含め、弊社の最適な個人情報保護を実現するために、個人情報保護マネジメントシステムを継続的に維持・推進し、見直しを行って適宜改善して行きます。

2005年 5月 1日 制定
2006年11月 1日 改訂

プライバシー付与認定を受領

プライバシーマークトリオシステムプランズ株式会社は、これまでも個人情報保護の重要性を認識し、お客様情報の保護に努めてまいりましたが、取組み強化の一環としてプライバシーマーク認証を取得いたしました。
今後も、認定企業として、お客様から安心して個人情報をお預けいただけるよう、より一層個人情報の保護の姿勢を貫き業務に従事してまいります。